岩倉建設株式会社

WHY? 私たちが岩倉建設を選んだ理由

縁を感じた会社で、次代とつながる仕事を担う喜び。

本社 土木技術部 ICT課

2015年入社 / 工学部 社会環境工学科卒
日高郡新ひだか町出身

PROFILE / CAREER

専攻していた学部の就職先は、公務員、ゼネコン、建設コンサルタントの主に3方向。ずっと椅子に座っているより、外に出る方が性に合うと現場に関わるゼネコンの仕事を選択。 趣味は山遊び。夏は野鳥観察&撮影にキャンプ、冬はスノーボード。全道各地の山を家族と楽しんでいる。

地元でよく名前を目にしていて。説明会で縁を感じた

何社か内定をいただいてはいましたが、まだ決めかねていた時に、学内で開催された会社説明会で岩倉建設と出会いました。出身が苫小牧本店から近い新ひだか町なので、通っていた学校や町内の工事などでもともと知ってはいたんですが。そこで改めて会社や仕事のことを知り、担当者の方と自分の思いや働き方などいろいろなことを話すうちに興味を持ちました。ずっと進路に迷いがあり、最後に辿り着いたという、何か縁を感じるようなところもありました。

新しい技術にふれ、業界の進化にわくわくしている

私の仕事は、ICTをさまざまな現場の工事に普及させることです。本社に席を置きつつ、各現場からのリクエストに応じて自分でスケジュール管理をしながら道内各地へ出向き、機器の使用やシステムの活用などを通して、作業や施工をサポートしています。業界では技術革新がハイスピードで進んでいるので、情報収集を怠らず、セミナーなどにも参加し勉強を続けています。常に最前線の流れにいられるようにと緊張感を持っています。そうした中で、新しい技術にふれた時や業界の進化を目の当たりにすることができた時に、とてもわくわくします。

出会える企業の数は限られているから、機会を増やして

就職活動では、できるだけ多くの企業と出会う機会を作った方がいいと思います。入社したいと熱望していた企業であっても、想像だけが先に進んでいたと思うこともあるだろうし、私のようにたまたま出会って話を聞いたら、自分の進路が見えたということもあります。たくさんの出会いの中に、きっと将来を感じられる何かがあるはずです。新卒での就職は人生でも貴重なタイミングだと思うので、先入観を持たずたくさんの方と話してみてください。

EPISODE

入社後に就いた施工管理の仕事は、当初のイメージと違い、自ら率先して動き回ることが多く、自分もものづくりの一員だと感じられやりがいを持てる仕事だと考えが変わったと言う。

一覧に戻る
2025卒ENTRY
home